お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




砂漠の真ん中にたたずむ、そんな旅に出てみよう。


ヨーロッパ、アフリカ、アラブをつなぐ交易の十字路として重要な役割を果たしてきたモロッコ。その結果、地域によってかなり異なった文化をもちます。北はスペインカラーが強く、大西洋沿岸はポルトガル色、砂漠は遊牧民文化、南はサハリアン&ブラックアフリカ。ほかにも建築物、衣装、音楽、踊りと、あらゆる側面において強烈な個性を放っているのがモロッコです。古都マラケシュやフェズの赤い街、青い街シャウエン、白く輝く港町エッサウィラ・・・。モロッコ各地のその特徴は、しばしば色に例えられています。
そのなかで一番おすすめするのはサハラ砂漠です。通常のツアーでは砂漠近くのオアシスの町エルフードに泊まり、早朝4WDにてサハラ砂漠のメルズーカへ行き、サハラ砂漠の日の出を見るだけというのが一般的ですが、ファイブスタークラブのツアーではメルズーカよりもっと奥地の砂漠へラクダで行き、砂漠のど真ん中でキャンプをします。シャワーも電気もない大自然の中で満点の星空を眺めてワイルドな一夜を。時間によって移り変わる砂の色、そして砂漠の美しい景色はきっと一生の思い出になるはずです。

サハラ砂漠ページトップへ>

サハラ砂漠
The Sahara
ラクダに乗って
見渡す限りの大砂丘の中を行く。

砂漠のど真ん中は、見渡す限りの砂漠で、砂以外のものは一切見えません。しかも奥地だけあって、赤い砂はサラサラで、砂丘の高低差が立体的な美しい眺めを生み出しています。見るたびに姿や色を変える砂漠のなかで、大自然の偉大さに気づかされることでしょう。
また、キャンプで一泊すれば、夜の砂漠も体験出来ます。電気もなくロウソクの光の中での食事はなかなかできない面白い体験です。テントの外は満天の星空!月と星の光は明るくて、夜の砂漠は予想外に明るいことに驚かされます。シャワーも電気もない不便さを差し引いても、感動的で貴重な体験となるはずです。


マラケシュページトップへ>

マラケシュ
Marrakech
赤に包まれた、
世にも不思議な旧市街に迷い込む

猿使いやヘビ使い、火吹き男・・・・マラケシュの旧市街にあるジャマ・エル・フナ広場では、夕暮れ時には大道芸人が集まり、さまざまな芸を披露して盛り上がります。広場の周りを取り囲むカフェの2階のテラスからは、そうした熱気に満ちた光景が一望できます。昼間は、広場からメディナに入り込んで、迷路状のバザールの散策が楽しみです。モロッコのエッセンスがつまった絶対買いたいアクセサリーや雑貨がたくさん。ねずみ男のようなマントをかぶった、メディナで生まれ育って内部をよく知っているという自称ガイドたちが声を掛けてきたり。自分では迷いそうなので、案内を頼んでもいいけれど、ぼられたりするので、あらかじめ値段交渉をしっかりすることが大切です。内部にはたくさんの店が軒を連ね、奥のほうには皮なめし工場があったりして思わぬ発見がいっぱいの不思議な世界です。


フェズページトップへ>

フェズ
Fes
世界一の迷宮都市フェズ。
買い物天国で抜け出せなくなるかも。

フェズにも世界遺産のメディナ(旧市街)、フェズ・エル・バリがある。迷子になりそうな細道を迷いながら歩いていると、ロバのタクシーがいたりしてびっくり。階段が多いためにオートバイはおろか自転車すら通ることはできません。メディナの中にはアクセサリーや民芸品、カーペットに飾り物などのお店が軒を連ねています。中でもモロッコらしいお土産として革製で先の尖がった魔女が履くようなカラフルな模様入りスリッパ。そして香水を入れるきれいなガラス瓶などがお薦め。買い物の際は値段交渉が大切。観光客と見ると、いつも値段を吹っかけてくるので、本当に欲しいものはじっくりと腰を落ち着けての交渉が必要。買い物に疲れたらカフェでマンテ(ミントティー)など飲んでひと休みもいいですね。


シャウエンページトップへ>

シャウエン
Chefchaouen
すべてが青に染まるラビリンスで
のんびり街歩き。

地中海に面した標高650mの丘の上。山の斜面に広がるシャウエンは、白とブルーのマリアージュと呼びたくなるようなロマンチックな町です。白壁と青く塗られた壁が見事に調和し、迷路状に続くメディナは、まさに青い迷宮都市。スペインのアンダルシア地方を思わせる、モロッコでは異色の、限りなく素敵なムードが漂っています。小さなメディナをそぞろ歩けば、名産品の機織をしている店や、バブーシュ(皮製のスリッパ)を作る店、木工製品を手がけている店、そして窯で焼くパンの店などたくさんの小さなお店が並んでいます。歩けば歩くほどいろいろな発見があって、青い迷宮の中を彷徨いながら楽しいひとときを過ごせることでしょう。


アイト・ベン・ハッドゥページトップへ>

アイト・ベン・ハッドゥ
Ait
Benhaddou
隊商交易の中継地点として栄えた
美しい世界遺産の村。

カスバ街道はモロッコの旅で見逃せないすばらしい見どころのひとつです。サハラ砂漠にだんだん近付いていく長い道中には、さまざまな魅力ある光景が広がっています。一面、砂色の寂寞とした風景が続く中、忽然とナツメヤシの生い茂る緑豊かなオアシスの村が現れます。
そのなかでも最大の見どころは世界遺産に指定されているアイト・ベン・ハッドゥ。日干しレンガの城塞は見ごたえも十分です。


エッサウィラページトップへ>

エッサウィラ
Essaouira
青い大西洋に突き出す
白く輝く城砦都市。

大西洋に面した港町エッサウィラは、青い海に面して建つ城塞都市。世界遺産にも登録されている城壁に囲まれた純白の町並みはモロッコで旅人を魅了する町のベスト3にランクイン。芸術家の町としても知られ、この地で絵を描く芸術家が多くいるほどです。モロッコの内陸を旅して行くと、港町であるエッサウィラはとても新鮮に感じるはず。新鮮なシーフードを食べさせてくれるレストランやリゾート気分の満喫できるホテルの存在は嬉しいもの。モロッコの旅にエッサウィラをプラスするだけで、随分バラエティに富んだモロッコが実現するはずです。